食とクリエイティブ事業

食卓が見えるデザインを。
食べたい気持ちをビジュアル化

人が感じる味は、舌のみで評価をするわけではありません。盛り付けや食卓の雰囲気が重要なのと同様、食品のパッケージや提供される情報も「脳が感 じる味」を左右します。
心をこめて生産・製造される食品と食卓の間を幸せな形でつなぐデザインを心がけています。

食とクリエイティブ事業