MBCラジオ・スマイルネットワーク①日本茶編

201510012

10月から12月の木曜日、MBCラジオの『モーニング・スマイル』内の
「スマイルネットワーク」にて新聞記事を紹介させていただくことになりました。

初回の10月1日にテーマにしたのは
南日本新聞の9月28日付のお茶に関する記事です。

日本人がお茶にかけるお金は年々減っていますが
その背景には飲料の多様化、食事の洋風化、冬場の室内気温の上昇など
複合的な要因があると言われています。

そんななか、
①食をテーマとするミラノ万博にて日本茶の紹介イベント
②ふだんは競う立場の産地同市が協力
③カテキンという機能性には海外の方も興味津々
④相手に合わせて渋みが少ない水出しという飲み方を提案
という点がオモシロイと思って話題にしました。

徳之島で栽培されるサンルージュなど機能性の高いお茶も話題になっていたり
かわいいパッケージで若い女性に日本茶を買ってもらう工夫(ターゲット変更)や
お茶好きのために手間ひまかけた極上のお茶を提供する工夫(トップファン作り)、
麦茶の代わりに水出しで夏場に飲んでもらう工夫(飲み方提案)なども
行われているということも合わせてご紹介いたしました。