鹿児島の食とデザイン ワークショップ始まりました

鹿児島の食とデザインの中でも際立った特徴のある
デザイン開発ワークショップが始まりました。

img_9139

 

特徴とは「事業者のリアルなデザイン課題に、ガチでデザイナーが挑む」というもの。
仮想のテーマではなく、ほんとうに世の中にリリース・定着させていくための
デザインを生み出すワークショップです。

img_9148

昨年度このワークショップに開発し、事業ブランドのロゴデザイン開発に取り組んだ
株式会社寺師 取締役専務 寺師大策氏による事例発表からスタートです。
デザイン開発に取り組む中で、社内で位置づけが不明確だった精肉事業を見直し、
一つの柱として育てていく事業意志を固めた、というお話でした。

続いてはデザイン課題をおもちの5社のご紹介。
img_9194

トーク形式で会社紹介にはじまり、デザイン課題の内容、その背景をご紹介いただきました。

img_9248

そして最後は5チームに分かれてのオリエンテーション。
デザイン課題のより深い内容について各チームでお話を伺いました。

img_9237