食の会社の「伝える力」デザイン・セミナー

Design Seminar of STUDIO K
経営指導員の方へ 食関連の事業者さん支援でこんな悩みはありませんか?
伝わり度合い・かんたん診断 この中で一つでも該当する経験があれば販路開拓・購入のチャンスを逃している可能性があります。
最初の味は、目で感じる-古代ローマ時代の料理人・アピシウス
「「作る」と「伝える」は事業の両輪」伝えないのはもったいない。~商品の質に自信があるなら、なおさら~
「STUDIO Kのセミナー・研修パッケージ」中小企業支援機関の経営指導員様や自治体商工部門様が主催し、事業者の経営層・スタッフ層の方々が受講されるプログラムです。
「STUDIO Kのセミナー・研修実施例」自治体の商工・農政部門中小企業支援機関・経営指導員の方から多くのご依頼をいただいているセミナー・研修です。

これまでのセミナー研修開催者様

鹿児島県内

  • 鹿児島県
  • 鹿児島県姶良・伊佐地域振興局
  • 鹿児島県北薩地域振興局
  • 鹿児島県大島支庁
  • 鹿児島県熊毛支庁
  • 鹿児島市
  • いちき串木野市
  • 鹿屋市
  • 鹿児島市
  • 西之表市
  • 南さつま市
  • 錦江町
  • 天城町
  • 鹿児島県青年農業者会議
  • 鹿児島県農政部・農山漁村パートナーシップ推進会議
  • 鹿児島県農政部様農業経営者クラブ若手会員研修会
  • 鹿児島県6次産業化サポートセンター
  • 南さつま市観光協会
  • 出水市観光協会
  • 錦江町特産品協会
  • 中種子町6次産業化等推進協議会
  • 霧島市・霧島ガストロノミー推進協議会
  • 錦江町農林業技術員連絡協議会
  • 肝属青年農業士会
  • 鹿屋市雇用創造協議会
  • 鹿児島県漬物商工業組合
  • 鹿児島県菓子工業組合
  • 鹿児島県商工会連合会
  • 鹿児島商工会議所
  • 阿久根商工会議所
  • 出水商工会議所
  • 南さつま市商工会議所
  • かごしま市商工会
  • 姶良市商工会
  • 日置市商工会
  • 霧島市商工会
  • 南九州市商工会
  • さつま町商工会
  • 北薩地域商工会合同
  • あまみ商工会
  • 南種子町商工会

県外

  • 公益財団法人大阪市都市型産業振興センター
  • 広島県
  • 広島県北広島町
  • 熊本県くまもと農業アカデミー
  • 熊本県くまもと県南フードバレー
  • 公益財団法人 広島市産業振興センター
  • 宮崎商工会議所
  • 宮崎市夢・雇用創造協議会
  • 都城商工会議所
  • 沖縄県
STUDIO Kセミナー・研修7つのポイント

01

食のデザイン専門

飲食市場、食情報の流通、消費者意識からトレンドまで押さえたデザイン。

02

機能するデザインの追及

装飾・作品目的ではなく、目的達成のためのデザイン開発ノウハウ。

03

依頼側・デザイン側の両経験

20年以上の経験で発生しやすいトラブルを熟知、効果的なプロセス提案。

04

経営から現場までレベル対応

各段階での関わりがわかり行動化を促進。

05

費用対効果の試算モデル

費用の回収試算や、デザイン費を投資に変える考え方の提案。

事例豊富でわかりやすい

企業規模の大小、新商品・リニューアルなど多様な経験でリアリティUP。

主催者の課題に応じたセミナー内容

農産物と加工食品、規模の大小、域内・域外など狙いに合わせたリアル感。

わかりやすい

◯食品が売れるとき、売れてからもデザインが大きな役割を果たしていることがよくわかった。

◯やるべき事をとてもシンプルにプレゼン頂き、次につながるセミナーでした。
事例など(写真の違い)がわかりやすく、みんな(経営者・事業者)に知ってもらいたいセミナーでした。

◯わかりやすく、そして心に伝わる話が良かった。もっと詳しく話をしたいと思いました。

事例とキーワード

◯「感覚転移」という意味を知って、視覚の大切さを痛感しました。今後いかして販売促進していきたいです。

◯とても分かりやすく興味深い講演だった。
事例、感触転移、「包」と「装」の意味など、とても印象に残り、特に興味深かった。90分があっという間でした。
何を誰に伝えたいのかが、とても大事だと思った。

◯目的、伝えたいことを考えたデザインの大切さに共感できました。変える、カッコイイが必ずしもいいとは限らない!そう思います。

伝える重要性

知ってもらうこと、情報伝達の大事さが理解できました。もう少し話を聞きたいと思いました。

伝えているつもりでも伝わっていないことが多いと思うので、改めて伝えることの工夫をしたいと思った。

「見える化」の重要性がわかった!

自社の課題がわかった

勤務してから、ずっと悩んでいたことが晴れた気がします。やりたかったものの、出来なかったこと、何故できなかったのか原因もわかった気がします。是非またお話しをどこかで聞きたく感じています。

◯改めて、デザインの大切さに気付かされました。ブランドつくりのためにも、自社のデザインを見直したいと思います。(上司にも伝えます!)

◯わかりやすく説明して頂き、ありがとうございました。必要としている事がわかりました

始め方がわかった

デザインで効果を出す道筋など、はっきりと分かりやすく教わり、目からうろこでした。

具体例が多くてわかりやすかった。プロのデザイナーの仕事(どこまでやってもらえるか)がわかった。

◯デザインを自分で勉強して製作しようと考えていたが、デザイン以外の事を先に考えないといけない事に気づけました

経営とデザイン

デザインは戦略となり得る、戦略となる意味がよくわかりました

◯何をするにも時代の流れだったりニーズについてしっかりついていかないと遅れをとるのかなと感じた。

◯今まであまり考えていなかったが、とても、いや、一番大事なことだと思いました。

活用と実行へ

デザインを2年前に作って伸び悩んでいたので、パッケージ・デザインについてお話しを聞けてよかったです。

◯私はデザイナーに依頼する側ですが、決断する時に何をもって良いとするべきか、また依頼の仕方についていつも迷います。

まだまだ感覚で決めているので、依頼側としての勉強も必要だと感じています。

◯共感します。自分自身がふだん考えていることと一致していて、改めて伝えることの大切さを感じました。あとは、どう実行に移すか。労力や時間、お金などをいかにデザインに落とし込んでいくか、他の仕事とのバランス配分を考慮して取り組んで行きたいと思います。

「情報デザインを事業の味方に5steps」情報デザインを経営・事業の味方につけるには5つのステップがあります。
このうち、セミナーや研修では1・2を扱います。