ブログ

調査設計とかぼすと2度目の夏2021.7.5week

Posted on

鹿児島のデザイン&マーケティング事務所STUDIO Kの週刊ニュースです。食ジャンルの生産製造、デザインやマーケティング、ブランディングから販売・販路などの情報や活動記録について、これまでのメルマガをブログに代えてお届けします。どうぞお付き合いくださいませ。

目次
1:今週のSTUDIO K
2:鹿児島市商工業振興プラン策定委員会
3:食のエピソード~大分産のかぼす

4:今週のひとりごと

1:今週のSTUDIO K

コーヒーブレイク
約1ヶ月前にご提案していた企画の実施が決まり、来週のセミナー講師2本の準備をしていた今週です。

企画についてはバタバタとキックオフの打合せやスタート時の企画詳細の詰め、特に一番最初に行う調査が同時期4種と計画されているので、調査目的をギリギリと吟味したうえで回答者像やアクセス方法、調査票の設計を一気に進めました。調査にはいろんなやり方がありますが、ほんとうの課題に気づいたりお客様の気持ちに近づいていくことができるプロジェクトの成否に直結する調査、気合が入ります。

セミナーについてはまずは大学生向けのオンラインセミナー、週半ばに農業に従事する方向けのリアルセミナーです。毎回受講される方が異なるのでできるだけ伝わりやすいようなコンテンツやストーリーを検討します。お忙しい中の貴重な時間を1時間2時間費やしていただくに足る内容になるように…と願いつつの準備、こちらも気合が入ります。

2:自治体計画の策定委員会

来年度からのプラン策定に委員という立場で関わることとなりました。
ふだんのゼロベースからの企画計画立案とはまったく異なる関わり方です。しっかりされているデータ集めのところ、ちゃんと読み込んで、ふだんとは違うスタンスから鹿児島市のこれからについて、考えてみたいと思っています。

3:食のエピソード~大分産のかぼす

温州みかん・ポンカン・スイートスプリング・河内晩柑・サワーポメロ・甘夏・不知火・さくらじまこみかん・タンカン・辺塚だいだい・花良治みかん…と多くの柑橘が栽培される鹿児島ですが、食事やお酒のアクセントにと重宝しているのが「かぼす」です。今年もシーズンが始まりました。

かぼすは爽やかな酸味で甘み控え目、果汁たっぷりと飲食用に最適な柑橘の一つです。毎年この時期は箱で取り寄せますが、今回は鹿児島中央駅近くの元朝市に店を構える「敬愛食品」さんで見つけました。

果物としての柑橘も魅力的ですが、それぞれの個性あふれる香りや酸味を食事やお酒、ドリンクに加えてアクセントにするのも楽しいものです。パリのミシュラン・シェフも、日本の柚子の香りにぞっこんだとか。最近は「ミクソロジーmixology」というチョコレートやフルーツ、野菜などを用いてつくるカクテルも人気、柑橘の食味や香気を分析して特長を科学的にも分析できたらいいなあ・・・と夢想しています。
https://blog-alchol-life.com/mixology/

大分のかぼすを取り寄せるようになって学んだのが、その絞り方。6つや8つに半月型にカットしたら、皮を下にして絞るんだとか。柑橘の香りは皮部分に豊富に含まれており、その香りを果汁に含ませて絞ると、フレッシュな香りを存分に楽しめるとのこと。実際その通りで今ではそのやり方で絞っています。

食の評価において香りは非常に重要なポジションを占めており、食品製造に関わるお仕事でもかなりシビアに判断しているポイント。実際同種の商品が多く存在する商品市場でなぜか売れ行きが良い商品がありまして、徹底的に分析したらその理由が「香り」だったということもありました。「香り」の重要性はさらに高まる・・・と見ています。

4:今週のひとりごと

鹿児島の7月の風物詩、六月灯。昨年に引き続き今年ももほとんどの神社等では開催されないようですが、天文館には燈ろうが飾られていました。灯ろうの下にほとんど人がいない風景・・・一年前も見たなあ、同じだなあ。

何もかもが初めてで先が読めなかった昨年とは違い、ワクチン接種が始まったり、家庭でも職場でも業務でもコロナ禍での対策がある程度はわかるようになってきました。それでも、いつどうなるのかはわかりません。徐々にはよくなるが完全回復は時間かかりそうですし、一年以上に渡るコロナ禍生活で人の消費マインドも行動様式も変わりました

それこそが「アフターコロナ」なんでしょう。コロナ以前と同じように感じ行動したいこと/コロナで感じ方や行動の仕方が変わったこと、このあたりをわからないながらも予測しつつ動くのが、ビジネスサイドの動き方。マーケティング&デザイン事務所のSTUDIO Kとしては、ここは外すわけにはいきませんので、いただいてるすべてのご依頼において、相当慎重に検討しています。

それにしても、ビアガーデンで美味しいビール、飲みたいなあ・・・。