新しい鹿児島土産を考える研修

1502032

地域を訪れた人が楽しみにしてくれる、
そして地域のひとが自慢に思えるお土産を…という研修を行いました。

お土産にはさまざまな条件がありますが、
そこを超えないとなかなかお店に並べていただけない。
ということで、この写真は研修内で行った
全員参加型のワークショップでの1枚。

鹿児島にはいろんな特徴をもつお土産があることを体感しつつ、
さて、どんなお土産企画にしようかと話の花が咲く研修となりました。

それぞれの体験を振り返りながらの分析では面白い視点が続出し、
「答えは自身のなかにある」を実感いたしました。