鹿児島の食とデザイン・食品の容器と包装セミナー開催しました

食品において、これが無くては持ち運ぶことも販売することもできない,
それが「容器と包装」。
食品を包み保護する器と情報をのせる器、2つの役割を持っています。
どんなにデザインを頑張っても
容器包装のことを知らずして食品は開発も販売もできないので
「食品の容器と包装」をテーマとしたセミナーを開催しました。

IMG_6845

第1部では株式会社CDG 代表取締役の大平孝様を講師にお迎えし、
容器包装の役割や関連法規条例、最近のトレンドなどお話いただきました。

IMG_4223

第2部では容器包装を扱う企業9社にご協力頂きミニ相談会。
厚紙、ダンボール、ガラス、PP、シールまで幅広いサンプルを前に、
具体的なご相談から新しい素材の情報まで様々な相談が行われていました。

IMG_6901

食品は他の商品よりも、
容器包装が新しい商品企画のアイデアにつながることが多いと言われています。
今回のセミナーがきっかけとなり、
さらに商品力の高い商品が鹿児島から生まれてくることを願っています。

IMG_6998