MBCラジオ・スマイルネットワーク⑪れんこん編

10月から12月の木曜日、MBCラジオの『モーニング・スマイル』内の
「スマイルネットワーク」にて気になった新聞記事を
ピックアップして紹介しております。

11回目の12月10日にテーマにしたのは
———————————————–
南日本新聞 みなみにっぽん新聞 
12月6日(日)16面
放棄地・休耕田の有効活用に一役
錦江レンコン初出荷
————————————————
という記事。内容は、
錦江町で今年試験的にレンコンの栽培が行われており、初出荷されたというもの。
県本土ではレンコン栽培は例が無いのだそうです。

少子高齢化が顕著な錦江町では水田の耕作放棄地や冬場の有効活用が課題になっており
レンコンは作業の負担が比較的軽く高齢者でも取組やすく、
また収量もコメの3倍ということで取り組みが始まったのだそうです。

レンコン好きの私としては県産のレンコンをぜひ食べたい!ということで興味を持ちましたが
高齢者でも取組やすい、休耕田を活用できるというのは
農村地帯にある課題を解決できる方法として注目すべきだとも感じました。
現在レンコンの主産地は茨木。
今は初年度、量は少ないかもしれませんが
鹿児島産の農産物が一つ増えるのも鹿児島で食のしごとをするものとしては楽しみです。
もうすぐ年末。
穴があいていることから「先を見通す」に通じて縁起が良いと言われます。
おせち料理でも、煮しめ等で使われるますから
おせち用に買い求めるのもいいかもしれませんね。