鹿児島の食とデザイン「鹿屋セミナー 効果的なデザイン活用」開催

鹿児島県主催「鹿児島の食とデザイン」2019年度プログラムの一つ、
「デザインって消費者向けで効果的なんでしょ?」
「BtoBの会社では不要でしょ?」
というよくあるお声に、真っ向から異を唱えるセミナーを2019年8月29日に鹿児島県大隅加工技術研究センターにおいて開催しました。今回の講師お二人は昨年度のデザイン開発ワークショップで企業+デザイナーのチームでデザイン開発にお取り組みになったお二人です。

第1部は薩摩川内市の㈱アトスフーズ小田原社長様から、営業をサポートするための「会社案内」をデザイナーとともに作り上げることになった背景やプロセスについて伺いました。

第2部はその会社案内にデザイナーとして取り組んだ、グラフィック・デザイナーの久保雄太さんから、デザイナーとしてどうやって組み立てたのかについてご紹介いただきました。

参加者の方々からは「会社案内で営業が変わるんですね」「社長一人のノウハウを社員に共有する役割も果たせるんですね」「デザイナーという第3者が加わることに意味があるとわかりました」等の感想をいただきました。「本当のところ、どうなの?」と裏側にも切り込んだトークセッションもリアルな状況をご理解いただくうえで効果的だったようです。

▷鹿児島の食とデザインのプログラムはこちらから。
http://www.food-design-k.jp/