鹿児島県下商工会議所女性会合同研修会にて経営講演会の講師を務めました

2019年11月19日、鹿児島県内の全11商工会議所の女性会の合同研修会が枕崎にて開催され、経営講演会の講師を務めました。タイトルは「鹿児島と食を伝えた物語~事業発展につながる知られる喜び」です。

この合同研修会は毎年1回、各商工会議所が持ち回りで企画運営を担っており、今回は枕崎商工会議所様主催にて開催されました。130人を超える女性経営者の方々が居並ぶ会場は、ふだんの男性9割のものとは違う、独特の明るさとエネルギーに満ちていました。


交流会までご一緒させていただき、本物の食が多くあつまる枕崎ならではのメニューがずらり。初めていただいた「枕崎牛」が美味しいのにびっくり。そして鹿児島水産高校生が開発したという鹿児島ではお通しやツマミとしてよく使われる「ミナ」を出汁としたラーメンの旨味が濃いこと!!

関ヶ原の敵中突破で知られる島津義弘が部隊を鼓舞するために始めたという「東鹿籠太鼓踊り」が保存会の皆様によって披露され、独自の文化・歴史が豊かな地であることを実感いたしました。

枕崎商工会議所女性会の積山会長を始めとする皆様、会議所の長野様、大変お世話になりました。また来賓の前田市長様・揚野会頭様・古閑副会頭様には枕崎の経済・産業などについてご教示いただき、ありがとうございました。