鹿児島の食とデザイン 奄美セミナー開催しました

鹿児島県主催「鹿児島の食とデザイン」2019年度プログラムの一つ、奄美セミナーを開催しました。2013年度から続けてきた奄美でのセミナーです。

第1部では「小さな地域をやさしく伝えるデザイン」と題して、宮崎県延岡市在住のデザイナー・小野信介氏に、宮崎県椎葉村での取り組み事例をベースに地域のブランディングについてお話いただきました。今地域にある宝をすくい取ってメディア化し伝えていくことで関係人口が増えていった様子は、奄美の各地域にとって非常に面白い事例だったと思われます。

第2部では「地域を伝えるイラストレーション」と題して、徳之島在住のイラストレーター・竹添星児氏にイラストの効果や利点、可能性をご紹介いただきました。最後には「写真もいいですね!」の一言もあり、同じ伝えるといっても、写真を使うか、イラストを使うか、動画を使うか、それぞれ役割や意味合いが変わってくることが実感できたようです。


お二方ともさまざまなパンフレットや冊子もご提供くださり、話の内容がより具体的に伝わるものとなりました。
小野様、竹添様、本当にありがとうございました。

今年度の鹿児島の食とデザイン、オープンのセミナーはこの奄美をもって終了です。
残すは「デザイン開発ワークショップ」と「採用デザインワークショップ」の2つのワークショップのみ、いずれもちょうど具現化の段階にきています。

▷鹿児島の食とデザインのプログラムはこちらから。
http://www.food-design-k.jp/