鹿児島の食とデザイン 事例発表ブランド編セミナー開催しました

鹿児島の食とデザインでは、
鹿児島県内企業のデザイン活用の取組を紹介するセミナーを
2016年8月26日、宝山ホールにて開催しました。

_mgm0002

 

第1部では、「旅する丸干し」。
下園薩男商店の下園常務と冨永デザインの冨永功太郎さんの取組紹介。
旅する丸干しが生まれて、少しずつブランドが育ってくる過程を
経営者サイドから、そしてデザイナーサイドからお話いただきました。
_mgm0219

第2部では、「濃いえのき」。
三笠えのき茸生産組合の松崎勝利理事とオンドデザイン馬頭亮太さんによる取組紹介。
2015年度の鹿児島の食とデザイン事業・ワークショップにて生まれ、
今年の春デビューしたばかりの新ブランドについてご紹介いただきました。
_mgm0228

デザイナーだけがデザインを生み出すのではないこと。
経営者の理念や方針あってこそ。
お互いのプロフェッショナリティを信じること。
新しい価値を生み出した2つのチームから貴重な気づきを得た方が多かったようです。