広島はレモンの街

広島出張。例によって移動中にはさささっと各種の地域産品売り場を視察。
広島はレモン栽培を始めて約10年、最近では加工品の種類も大変増えて
何でもレモン味です。
ふりかけ、広島菜漬、もみじまんじゅう、干物、和菓子、洋菓子その他色々。
何でもレモン味です。
そのため売り場もレモン色の黄色が目立ちます。
売り場がイエロー。
まるで、博多があまおうと明太子の赤、八女が八女茶の緑で
売り場が埋め尽くされているかのよう。
農産物のアピール力としては抜群に強い!実感しました。
そう考えると、鹿児島は何か抜群に強い農産物が
集中して各種の加工品に使われているというケース思い浮かびません。
農産物が豊かでいろいろあり過ぎて…というのが背景かもしれません。
写真はレモンと全く関係のない広島の酒肴。〆はもちろんお好み焼き。
瀬戸内の魚介類はまた鹿児島とは違うもの・違う料理の仕方で
広島テイストを満喫してきました。

IMG_4398

IMG_4395