【観光】山川・根占フェリーでの鹿児島観光

山川のあと南大隅での仕事があり、10年前に乗って以来の山川根占フェリーに乗船したルートのご紹介です。

まずはJR山川駅で下車した後、時間があったので道の駅活お海道へ。 ここではぜひ、指宿鰹節をお土産に買って、鯛焼きならぬ鰹焼きをお召しあがりください。お昼時はおいしい海鮮丼や鰹のたたき定食をどうぞ。

鹿児島の食とデザインのデザイン開発ワークショップで冨永功太郎さんがデザインした指宿鰹節のブランドマークが商品にブースに店舗に使われていました。こんなふうに根付くべき場所で根付いている風景はとても嬉しいものです。


そして歩いて3分の山川のフェリー乗り場。

フェリーなんきゅうが運行しています。
http://nankyu-ferry.com/time/

私はフェリーで50分、他に指宿か高速船も出ていて、こちらは30分のようです。

ここの待合所には、所長の風情の猫がいまして、巡回するだけでなくソファにも座る。私の横にも座ってくれました。ねこ所長、かわいい。

そして乗船。一番多いのは車。そしてバイクは3人。私のように徒歩派は2人のみ。根占に着いたあと移動しにくいからでしょう。約30名の乗船で、眺めていると8割は観光目的のようでした。薩摩半島の端っこから大隅半島の端っこに渡る人は思ったより多かったです。バイクの3人はそれぞれ単独のようでしたがフェリー上でずっとお話されてまして、どうも行き先や道、食事などの情報交換をされているようでした。

天気もよく気持ちのよい海と空を見ているうちに根占港へ。この移動ルートは、特に車やバイクで鹿児島観光をする方には、ぜひおススメしたい極上のルートでした。