【読書】故郷忘じがたく候

今週、沈壽官窯を訪問したことで薩摩焼の歴史を知りたくなり、まずはと司馬遼太郎著『故郷忘じがたく候』を購入。

豊臣秀吉の朝鮮出兵という激動期、日本に連れてこられて陶工として、山の向こうに東シナ海を望む今の美山を拠点とし、連綿とその血筋と文化と技術を伝え続けてきた沈家の第14代を主人公とした短編です。異国の地で370年に渡り焼き物を作り続けてきた一族の、祖国への憧憬と哀切は、ひどく切なく胸に迫りくるものがあります。第◯代沈壽官ではなく、個としての系譜の受け止め方には相克大いなるものがあったこと、だからこそ継承されることの尊さに思いを致す読後となりました。

幕末において薩摩藩は白薩摩を大いに海外に輸出し、評価高く、明治期になって12代は積極的に海外市場開拓に乗り出したことは収蔵庫の展示で知っていましたが、島津家御用窯ではなくなった後のあり方・生き方は、まさに存在意義の探索にも似たところがあったのかもしれません。それ以上に、島津藩無き後、生きていくための切実な要請もあったことでしょう。時代時代で集団・個人が世の中に有り続けるための模索は、いつもどこでも起こりうるのです。

薩摩焼に興味をお持ちの方にはぜひともおすすめしたい一冊でした。白薩摩のいいのが欲しくなりました、猛烈に。