《パッケージデザイン》デザインとは…デザインの定義

▶パッケージデザインとは
パッケージデザインは第一着目の獲得が必要なのですが、そもそもパッケージデザインとは何でしょう。

パッケージデザインを考えるために、まずはデザインについて。

▶新明解国語辞典では
デザイン:①設計(図)、②図案・意匠
デザインと聞いてイメージしやすい図案・意匠の前に「設計(図)」があるのは、デザインの本質を伝えているような気もします。

▶公益財団法人日本デザイン振興会では
しっかりとデザインについて説明があり、ぜひ下記のページをご覧ください。
https://www.jidp.or.jp/ja/about/firsttime/whatsdesign

20世紀初頭にデザインという言葉が一般的に使用されるようになってからの歴史やラテン語の語源や現在におけるデザイン考が説明されています。

その中でも端的な説明を探すと
「常にヒトを中心に考え、目的を見出し、その目的を達成する計画を行い実現化する。」この一連のプロセスが我々の考えるデザイン
という箇所になるでしょうか。

この指針の冒頭「あなたが商品や事業、プロジェクトを生み出した目的はなんでしたか?」という一文がある通り、デザインと「目的」は切り離せない密接な関係があると言えます。

▶京都大学デザインスクールでは
デザインの定義は研究者間でも議論されているとしながら、RalphとWandによる下記の定義がよいのではと、その定義が紹介されています。

To create a specification of an object, manifested by an agent, intended to accomplish goals, in a particular environment, using a set of primitive components, satisfying a set of requirements, subject to constraints.

与えられた環境(environment)で目的(goal)を達成するために、様々な制約 (constraint)下で、利用可能な要素(component)を組み合わせて、要求(requirement)を満足する対象物の仕様(specification)を生み出すこと

ここでも目的という言葉が出てきました。

▶「目的達成のための設計・計画」
私なりに集約してみると上記のようになります。デザイナーと呼ばれる人のジャンルは幅広く、いわゆるグラフィック・デザイナーやデキスタイル・デザイナー、最近のWEBデザイナー、そして場作りをコーディネイトするワークショップ・デザイナー等の例もあります。

今回はパッケージデザインがテーマですが、その場合、「目的達成のための設計・計画をビジュアル化・見える化」と私自身は常に考えています。



《パッケージデザイン》シリーズ
なぜパッケージデザインが重要なのか?
ネット通販におけるパッケージデザインとは?
商品購入における複雑性とストレス