広島の「川通り餅」

1412012

3月に中央駅近くのオフィスに引っ越して以来、
遠方よりのお客様のご来社が増えたSTUDIO K。

鹿児島空港から到着する「中央駅」バスセンターから歩いて3分という立地なので
出張の行き帰りの折に時間ができて「ちょっと寄ってみたよ」という形や
大隅や北薩南薩からの方が市内に来たついでに…と立ち寄られるケース。

期せずお会いできるというのはとてもうれしいものです。

本日は広島からのお客様がお越しになられました。
ちょっと立ち寄りではなく、アポイントありでのご来社です。

お土産に「川通り餅」をいただき、
大学時代を広島で過ごした私としてはとても懐かしい~という思い。

お心遣いにありがたいと感謝すると同時に、
地域を代表する食にはその土地の記憶をよみがえらせる力があることを
実感いたしました。

よく商品で「カテゴリーの代表性がある商品は強い」と言いますが
地域の代表性がある商品も強いのです。
代表性とは圧倒的な知名度がある状態ですから強いのも無理ありません。

今日から12月。今年もラスト1か月。
時が過ぎるのが早い早いとあせることも多いですが
「先」が楽しみな案件がどんどん増えているので
その楽しみが結実するよう充実した1か月にしたいものです。

急に寒くなりました。お風邪などお召しになられませんよう…。